現在(令和元年)までに、京都府内を中心に関西で延べ15000人以上に、講座や講演という活動を行っています。そのテーマはどれも命を扱うもの。
対象は小中学生や高校生向けに「命の授業」や「性教育の講演活動」を。また成人女性向けには「不妊や死産で悩む女性も参加できる講座」という内容です。
この活動の原動力となったのは、京都府亀岡市で15年ほど産後女性の心と体のケアを行っていました。その中で、望んでも授からない不妊の女性。または死産で赤ちゃんを亡くし、心身共に辛い経験をした女性たちと接してきました。
そんな悩みや苦しみを抱える女性たちから生の声として、「からだが変わり始める思春期の頃に、もっと自分のからだを大事にしておくべき」「からだのケアはしたいが、子供がいないので母親向けの集まりには参加できない」こうした考えを聴く中で、早い段階での命や性に関する情報や知識を得ることで、命に対する考えを持てる人に成長してもらえる。その一助になりたいと考えています。

小学生には、いのちの授業を

小学校では自分が生まれてきた力や、生まれながらに持っている力について知り、自己肯定感を高め自分の命や相手のからだを大切に出来るよう、授業を展開しています。
しかし、マンパワーでは限界があること、子供だけでなく親にも性について学ぶ場が必要であることを痛感しています。

中・高校生には、大人になる準備を

中学校や高校では、「いつか親になるかもしれないあなたに、今知っておいて欲しいこと」と題して、命の繋がりだけでなく、望まない妊娠や中絶、性感染症、性被害の話もしてセルフケアの喚起を行っています。先生には相談できない、からだの悩みや性トラブルを聴くこともあります。

学校で教えてあげたいこと

外部からきた講師だからこそ伝えられることがある

2017年の調査では大規模中学校の性教育平均時間は、1年生で年間3.48時間。2年生で1.97時間。3年生で3.14時間。3年間の合計で8.62時間。平均しても年に3時間未満。からだが変わる思春期に、性への関心が高まる思春期に、学校が教えたいことと子どもたちが知りたいことは違うかもしれない。

自分を守る術を知らず、性犯罪に巻き込まれる子供たちが増え続けている現実があります。性に対して大人が知らない振りをするのは、子供たちにとっては「自分に対して無関心」だと感じてしまうのをご存知ですか。先生も、親も、子供に関わる大人みんなで教えてあげたい。自分を守る術を。

子供を授かりたくても授かれない人。授かったのに産めない人。産んだのに育てられない人。育てないのに産んだ人。その人にしかわからない背景や想いと人生がある。他者が否定や肯定をすることではなく、どれも「女性のみが引き受ける命の選択」であること。その重みを彼女たちに勇気をもって伝えます。

【授業の内容について】
・低学年向け
・中学年向け
・高学年向け

【規模について】
各クラス単位、学年単位にて授業可能が可能です。

【対象者について】
・全校生徒向け
・保護者参観用
ご要望などを詳しくお伝え頂きますと、様々な対応が可能です。

【授業時間について】
45分,90分など貴校の要望に対応が可能です。

ご依頼は、メールでも承ります。
https://totonoerubody.com/contact/

女性として幸せな歳の重ね方

詳しくはこちらから